User talk:Omotecho

From translatewiki.net
Jump to navigation Jump to search
translatewiki.net
Introduction
Getting started
Translation tutorial
How to start
See also
Localisation guidelines
Translating offline
FAQ
Support

Hi Omotecho. Welcome to translatewiki.net!

You can now start translating.

You should also check the portal for your language, the link is in the sidebar. Other useful pages are linked in the menu next to this message.

Your translations are transferred to the standard product every few days or every few weeks depending on the product. Please notice that it may take longer before you see your translation in the actual product.

It can be just a few days before they appear on Wikipedia, but a few months can pass between each new release of FreeCol.

We wish you a productive and pleasant stay. Please leave any questions on Support. Cheers!

-- WelcomeMessageBot (talk) 20:12, 28 December 2015 (UTC)

Contents

Thread titleRepliesLast modified
Citation Hunt の leaderboard213:38, 3 June 2018

Citation Hunt の leaderboard

https://translatewiki.net/w/i.php?title=Wikimedia:Citationhunt-leaderboard_description/ja&action=history を翻訳いただきありがとうございます。 この翻訳はbotにより自動的に github 上のコードに取り込まれており、その結果は https://github.com/eggpi/citationhunt/blob/master/chstrings/ja.json となっています。

この文の中では %s が2回出てきて、それが Python コードでの引数に置換されるのですが、このケースでは1回目の %s に "Citation Hunt" というプログラムの名前が来ることが期待されており、2回目の %s では数字(例えば30日間の「30」)が期待されています(という説明は https://translatewiki.net/w/i.php?title=Wikimedia:Citationhunt-leaderboard_description/qqq にあります)。したがって現時点の翻訳では https://tools.wmflabs.org/citationhunt/ja/leaderboard.html のようになっています。

これについては、翻訳を書き換えることで対応することも、語順に柔軟な日本語であれば十分可能かと思います。しかしコードをそのままにした解決法では、語順に厳しい言語では将来的に問題になるかもしれません。"Citation Hunt" という名前は多くの言語でほぼローカライズされていないので、そもそも %s が2回も必要ないのではないか、という考え方もあるかと思います。

……というような問題提起を https://github.com/eggpi/citationhunt/issues/107 で行っておりますので、参考までに。

14:10, 28 May 2018

ご連絡ありがとうございます。リンク先を読んできました。問題提起と問題点の指摘にとても感謝しています。たまに日本語訳で目的語(例:Citation Hunt)を期待すると「30」が入るなど、おかしいな構文を見ることがあり、なぜかと思ったことがありました。 なるほど、Takotさんの説明を読み、思い当たることがふたつあります。

  • この件だと翻訳原文でtooltitleをコードにしないで平文で書き、コードの使用を1回にする方法に賛成です。
  • 同じコードを複数回使うなら、枝番号など区別が付く処理はできないでしょうか。構文解析には「%s」を変えてはいけないのでしょうけれど、翻訳ソースの表示のみ「%s_a」「%s_b」や「$s1」「$s2」などに置換して表示できたらよいのにと感じます。発想の元はこういう例のdateの部分です。

プログラム言語を知らないため的外れの点はお許しください。とても興味深い話題です。

18:19, 28 May 2018

更新されました。%sから、名が体を表す変数になり、概ね分かりやすい感じになったかと思います。 https://translatewiki.net/wiki/Wikimedia:Citationhunt-leaderboard_description/en

ご意見いただきありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

13:38, 3 June 2018